人気の記事

カテゴリ

【介護情報】江戸川区の福祉の取り組みがすごいっ!!


今回は江戸川区にスポットを当ててご紹介いたします!

 

 

 

特徴

「陸の孤島」「東京の文化の果てるところ」など、かつては不名誉な別名のあった江戸川区ですが、

今はまったく異なります。

現在は住みたい街でも上位にランクされるようになるなど、人気が出てきたのです。

その理由は、ひとえに福祉の手厚さです!

江戸川区で、昭和35年頃から高齢者福祉や児童福祉などの様々な面で施策を展開したことで、「福祉の江戸川」とまで呼ばれるようになりました。

そのために現代では、例えば14歳以下の年少人口は14.8%で、これは23区平均の11.2%よりも大幅に高く、断トツの1位(2008年現在)。

高齢化率は20%弱ではあるものの、一方では出生率も高いため、平均年齢が41.1歳と23区内で最も若くなっています。

参考HP【みんなの介護

このように昔から力を入れていたのがここ最近で成果を上げてきました!

 

 

スクリーンショット 2015-10-15 19.32.34

 

 

画像引用【江戸川区

 

 

子供が多い?

 

 

実は江戸川区は子供が多いです!

なぜ子どもが多いのか?

まず結婚が早い。平均初婚年齢は夫、妻とも最若。第2に「結婚しない人」が少ない。

「結婚しない」シンボルゾーンである30代後半~40代前半となる女性の未婚率は最低だ。

そして、子どもがいない夫婦の割合も23区中最低。

これらの結果、1人の女性が生涯に産む子どもの数を示す合計特殊出生率は、23区で一番高いです!

 

 

 

なぜそれなのに福祉にお金をかけられるかというと、

農家が多い

 

裕福な農家さんが多いのが江戸川区です!

実は小松菜って江戸川区の特産物です。

このことから農家をやっている方と割合の多い子供たちにお金を使うのは当然かと思われます。

 

参考HP【ダイヤモンドオンライン

 

 

 

 

江戸川区の福祉の取り組みについてはこちらをご覧ください!

江戸川区介護保険のページ