介護福祉士ってどこまでの範囲で仕事できるの?


とてもみなさん疑問だと思います。

介護福祉士の資格をとってどういう仕事するのか?

どういう幅の仕事ができるのか?

高齢者施設で働くだけが介護士ではないということを

まとめてみました!

 

スクリーンショット 2015-10-17 1.22.21

 

画像引用【麻生医療福祉専門学校

 

定義

 

あくまでも定義ですが、

 

介護福祉士は、日常生活においてサポートを必要とする高齢者や身体、精神に障害のある人などに対して、

『その人らしい生活』が送れるように直接的または間接的に関わりを持つのが主な仕事です。

大きく分けると4つの支援が目的とされています!

 

身体介護

 

食事、排泄、入浴、衣類の着脱、身体の衛生管理及び清潔保持(清拭や洗顔、口腔ケアなど)の他、ベッドから車椅子への移乗や自動車の乗り降り、交通機関の利用補助、歩行介助、車椅子での移動など、対象者に直接触れる、また、直接関わる介助全般を指します。全てを行ってしまうのではなく、いかに当人の残存機能を活かすかが重要となります。

 

主にこれが介護支援だと思われている方が多いと思いますが、

これらの介助が必要でない方もいらっしゃるということです!

 

 

 

 

生活援助

 

食事準備(調理や配膳、下膳を含みます)、掃除、洗濯、整理整頓(大がかりな環境整備は除きます)、買い物など、日常生活内での家事全般を援助します。

特に在宅介護においては対象者と一緒に行うこともあるものの、基本的には介助者が主として行うことのほうが多いです。

 

これは正直知識がない方もできることだと思います!

ご家族の方がここの支援をしていることもあると思います。

 

 

相談及び助言

 

 

介護を受ける対象者だけではなく、

その家族や介護者も含め、生活や身体、介護に関しての相談にのったり、

助言やアドバイスを行います。

 

これは知識が絶対必要です。

介護士は日々勉強と言われる点はこういったところにあると思います!

 

 

社会活動支援

 

比較的孤立しがちな対象者に対して

家族や近隣の人たちとの良好な関係を築き保つことができるよう

支援する役割も担っています。

 

架け橋となることが重要ですね!

 

参考HP【介護士の仕事内容は?