人気の記事

カテゴリ

港区の介護関連のニュース1


Health 2.0 ASIA-JAPAN

 

 

が2015年11月4、5日に東京・港区の虎ノ門ヒルズで開催されます。

 

主要テーマは、「テクノロジーが、ヘルスケアをリデザインする」。

セッションごとに、キーノートスピーチやパネルディスカッションが予定されている。

医療行政とITにかかわるスピーチと討論、ロボット研究開発の第一人者が語る「介護ロボットの今と未来」、

地域医療連携を支える革新的なテクノロジーや優れた活用事例紹介などが主な内容だ。

 

 

スクリーンショット 2015-10-24 1.30.31

画像引用【Health 2.0 ASIA-JAPAN

 

すべてのセッションは日本語と英語の同時通訳が用意される。参加は有料で、希望者は、ウェブサイトから申し込める。

 

 

「Health 2.0」は2007年、米カリフォルニア州でスタートした。日本では今回が初めての開催となる。

 

 

港区、図書館で宅配サービス

 

 

東京都港区は身体障害者や要介護認定を受けている方などに限っていて、宅配先は介護施設でも大丈夫

 

宅配料金は往復ともに図書館が負担するので、気軽に利用できそうですね。

 

 

 

スクリーンショット 2015-10-24 1.35.36

 

画像引用【港区立図書館

 

 

 

臓器移植キャンペーンで東京タワーが緑色に

 

 

東京タワー(東京都港区)やさっぽろテレビ塔(札幌市中央区)といった各地のランドマークで16日、緑色のライトアップが行われた。

 

日本臓器移植ネットワークとアステラス製薬が展開するグリーンリボンキャンペーンの一環で、月内に全国32カ所でライトアップが行われる。

 

グリーンリボンは臓器移植のシンボル。10月16日は、臓器移植法の施行日にちなんで、2011年にグリーンリボンデーに指定された。

 

6cdb0986614c451625cc307bbde6c7fb

 

画像引用【ぶらり東京23区巡り