介護福祉士とホームヘルパーの違いとは?


本日はこちらについてご紹介したいと思います。

 

みなさんは知っている方もいるかと思いますが、前まで

初任者研修、実務者研修がホームヘルパー2級、ホームヘルパー1級という

資格でした。

そのため何が変わったのか明確に差がわかりづらい部分ではあると思います。

 

どちらも介護を行う仕事なだけに、わかりにくいと感じている方も多いようです。
介護福祉士とは介護を必要としている人全てに介助をする仕事で、ホームヘルパーとは自宅での介助となります。
どちらも介助をするのには関わりが無いのですが、その場所が限られていることがあるのです。

 

 

ホームヘルパー

 

Unicode

Unicode

画像引用【ピース・クリエイト

 

 

介護者の自宅に足を運び、その人の自宅限定で介助をするお仕事です。
食事や、排泄、入浴の介助など仕事内容は介護福祉士と変わりがなく、家に出向くかの違いだけです。

 

 

介護福祉士

 

 

images

画像引用【東京福祉専門学校

 

自宅に特化した介助ではなく、場所を限定せず幅広い方に介助をする仕事です。
介護施設もあれば、老人ホーム、ホームヘルパーもできますし色々な場所での介助の仕事となります。
病院内でも介助を必要としている人はたくさんいるため、

 

その点介護福祉士は職場も多く幅広い方の手助けができるのが強みとなっています。

 

 

 

ホームヘルパー資格の廃止

 

そんな差があったものの資格が廃止されました。

 

理由としては、「介護福祉士」の資格を取得する際に遠回りをしたり学習範囲が重複したりと問題が色々あったため、 「ホームヘルパー2級」は廃止されることになったのです。

 

今回の新制度への移行により、介護職の養成体系を整理することができ、

多様化する介護のニーズに、スムーズに対応していくことができるようになるといわれています。

 

まとめ

 

今後のキャリアアップを考えると国家資格である介護福祉士を

取得するべきだと思います。

 

 

参考HP【介護士とホームヘルパー