【施設情報】グッドデザイン金賞を受賞したサービス付き高齢者向け住宅『わかたけの杜』とは?


神奈川県の横浜市にある社会福祉法人若竹大寿会、

わかたけの杜は横浜市青葉区こどもの国駅に程近く、

敷地内に保存樹林を有する緑豊かな環境にある。

 

 

2階の階段と通路_わかたけの杜

画像引用【高齢者住宅研究会

 

サービス付き高齢者向け住宅66戸に診療所・24時間対応訪問介護看護施設を併設し、

 

既存の老人保健施設と特別養護老人ホームと連携によって小さな「地域包括ケア」が完結した都市的施設である。

 

センターハウス(受付・エレベーター・食堂・ラウンジ)を中心に木造集合住宅8棟が2階部分を空中歩廊によって連結された「低層分棟連結型」

 

配置によって戸建て感覚の「土に近い暮らし」を実現し、

 

コミュニケーションを誘発する「路地」を意識した配置や介護度の進行に応じた可変住戸プランなど、

 

都市における新しい高齢者施設のあり方を提示しています。

 

home-design

 

画像引用【houzz

 

制作背景

 

 

若竹大寿会は横浜市における高齢者福祉の牽引者としてこれまで多くの事業を展開してきた。

 

敷地は同法人が運営する介護老人保健施設と介護老人福祉施設に挟まれており「手厚いサービスの連携」が期待されたことから、

 

この地における事業の総決算として「こんな施設が欲しかった」と言われるような革新的な高齢者住宅と、

 

大都市近郊の住宅街における理想的な地域包括ケアシステムの実現が求められた。

 

droppedImage

画像引用【ヨシダデザインワークショップ

 

 

 

創意工夫点

 

i5601fac1e8045

 

画像引用【社会福祉法人 若竹大寿会

 

 

敷地を東西に分断する高圧電線下の建築限界エリアを「プロムナード」とし、

 

隣接する既存施設の連携動線と賑わいの広場をつくり出した。東側では8棟の2階建木造長屋をセンターハウス(EV・受付・食堂・ラウンジ)を中心に、

 

 

2階住戸に車椅子でアプローチできる空中歩廊のネットワークで連結した

「低層分棟連結型」配置とすることで、収益戸数を確保しつつ戸建て感覚を持つ住環境を実現した。

 

 

住戸は可動間仕切・家具によって介護度に応じた間取変更が可能で、

 

南北面のフルハイトサッシと南面の有孔折板スクリーンによって自然の恩恵を得つつ穏やかな視線の制御を可能にしている。

 

 

西側の診療所併設アパートタイプでは、

共用リビングと窓際キッチンを持つワンルームと専用光庭を持つ住戸によって更に選択の幅を広げている。

 

外観はボリュームのズレと仕上げの変化により思わぬ発見や豊かな感覚を享受させると同時に、

「我が家」としての視認性を与えている。

 

 

参考HP【グッドデザインアワード