人気の記事

カテゴリ

【介護業界】IT機器の活用から介護を良くする方法とは?


介護業界にもIT機器を活用する動きが活発化しています。

 

特に在宅介護の現場でもIT機器の活用が積極化しています。

 

介護者が両親の部屋を遠隔で見守るサービスや、

 

徘徊により居場所が分からなくなった時でもGPSでいち早く見つけ出せるような機器が充実し始めています。

2015111800040_1

画像引用【loT機器

・在宅サービスは”おせっかいな隣人”

 

在宅介護サービスを首都圏を中心に展開する「やさしい手」では、

今年(2015年)9月にIoT機器(常時インターネット接続機器)を使い、

 

生活支援と介護を組み合わせたサービスを新たに開始しました。

 

これは「徘徊みまもり太郎」という機器を使うことで、認知症の両親を在宅介護しながらでも、

 

日中は会社に勤務できる可能性を高めるものとなっている。

 

たとえば、徘徊などで機器のセンサーに反応した場合、介護者へ画像付きのメールを即座に送信。

 

 

“生活支援”を家族の代わり、あるいは「おせっかいな隣人的機能」と定義、

高齢者世帯や中重度の要介護高齢者の生活全体を把握し、支えていくとしています。

IoT機器から在宅での生活情報を取得し、インターネットを通じて同社拠点やコールセンターに提供、

 

家族や医療・介護の関係機関と連携し、訪問サービスの要請や実施をおこなうことを目的としています。

2015111800040_2

 

画像引用【やさしい手

 

・ベッドからの離床状況やトイレ利用を確認

 

 

たとえば、パーキンソン病で認知障がいがあり、かろうじて歩行が可能な1人暮らしの女性の場合、

 

人感センサーやバイタルセンサー機能のあるIoT機器を導入し、訪問介護していない時間帯の居室内転倒早期発見や、

 

ベッドからの離床状況、トイレ利用の有無の把握、心拍数・呼吸数・体重推移などの確認が可能となる。
一定時間センサーに反応が無く異常を感知した際には、

 

定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所へメールなどで通知され、電話による対応、または訪問サービスがおこなわれる。

 

 

・まとめ

今後もさまざまなIoT機器による生活支援サービスと介護サービスの組み合わせを

 

介護を必要とする家庭へ提供できるような働きが増えるといいと思います。