【介護者情報】”脱健着患”ってご存知ですか?


 

着替えの重要性はみなさん日常的にお気づきだと思います。

朝起きてから着替えたり、特別な行事があると着替えたりなど

色々な服に着替えて気分転換になる部分もあります。

 

介助が必要な方もそういった気持ちは変わらないと思います。

・脱健着患とは?

GUM13_CL01021

画像引用【介護の仕事教えます

身体に麻痺がある方は、原則として洋服を脱ぐ時は健康なほうから、着る時は麻痺側からといった常識があります。

 

 

介護の現場では、自分で衣類を着脱できないために入浴するのがおっくうだと思う人がいますが、

この方法だと1人でもうまく着脱することができるため、よりスムーズに入浴することができます。

またこの時は、イスに座った姿勢で行う方が楽なため、安定性のよいイスを用意しておくことが大切です。

 

 

・例えば上着を着るときのこと

よく動かない方は、無理に動かすと痛いですから、その動かない腕から袖を通します。
そして、動く方の腕は、自由に動くわけですから、肘を曲げたりして衣類を着るわけです。
これが動く方の腕から着てしまうと、曲がらない肘などに負担がかかるし痛みもでてしまうでしょう。
前明きの衣類であれば、何とかなるかもしれませんが、かぶるタイプの上着では、

この「脱健着患」を徹底しないと、スムーズに着ることができません。

服選びも大切です。

・着脱介助はスピードも重視

特に入浴のときの着脱介助は、早く行わないとせっかく温まった体が冷えてしまいます。
どっちが動かないほうの腕かなあ~なんて、悠長にやっていてはダメですし、

うまく着れないなんていうのも、お年寄りに迷惑をかけてしまいますよね。
入浴に限ったことではありませんが、着替えというのは、恥ずかしさや保温という点を、

私たち介助者が気を配らなくてはいけません。