【介護業界】介護士不足についての取り組みって誰かやってくれてるの?


どうも、やるかい編集部サカシタです。

本日は介護士が不足していることに関して誰かが何らかの取り組みが行われていても

業界の中にいては実際わからない介護士さんのために簡単にまとめさせていただきました。

 

スクリーンショット 2015-10-23 0.29.46

画像引用【介護職員の人手不足

 

 

 

・2025年に30万人の介護職員が不足

2000年の介護保険制度が創設された当時、約55万人だった介護職員は、2013年には約171万人に増加しています。一応それなりに増えてきてはいるようです!

団塊の世代が全て75歳以上となり、要介護の高齢者の増加する2025年には約248万人の介護職員が必要と推計されています。ここまではもはや常識かと思います。

15~64歳の生産年齢人口が減少しており、2025年にはさらに減少し、経済状況の好転に伴い他産業へ人材が流出する恐れもあると言われています。簡単に言うと64歳以下の人が介護士をやりたがらなくなるということです。

厚労省はこれらの現状の施策を継続した場合、2025年には約30万人の介護職員が不足するといっています。介護士不足が30万人はかなり負担大です。

医療ニーズの高まりや、認知症高齢者、高齢者のみ世帯の増加に伴い、

介護ニーズの高度化・多様化に対応できる介護人材の質的向上を図る必要があるとしています。

今の傾向としては質よりも量と言われていますが、後々は質を求めていくことになるため高品質な人材の確保を念頭においてはいるようです。

 

具体的には、2015年度予算で公費90億円使って介護士不足をどうにかしようと言っていたところでした。

介護現場への参入を促すため、未経験者向けの新たな研修を実施し、介護士でない方に介護士になってもらおうと考えたわけです。

 

 

・介護人材の構造転換

 

スクリーンショット 2015-10-23 0.39.43

画像引用【保健指導リソースガイド

次の5つの「目指すべき姿」を見据え、介護人材について、現行の「まんじゅう型」から「富士山型」への構造転換を図ることが必要である。

 

その際、対象とする人材のセグメント(層)に応じた、きめ細やかな方策を講じることが必要となる。
①「すそ野を拡げる」-人材のすそ野の拡大を進め、多様な人材の参入促進を図る-
②「道を作る」-意欲や能力や役割分担に応じたキャリアパスを構築する-
③「長く歩み続ける」-いったん介護の仕事についた者の定着促進を図る-
④「山を高くする」-専門性の明確化・高度化で、継続的な質の向上を促す-
⑤「標高を定める」-限られた人材を有効活用するため、機能分化を進める-

文章引用【保健指導リソースガイド

この5つを主軸に介護職員を増やしていくようです。

こういった考えを主軸に置き介護士を増やしていこうと考えているようですが、

実際現場に反映されるのはいつになるのかと私自身常に疑問に思う点ではあります。

参考HP【保健指導リソースガイド