【介護業界】施設の責任者が変わるだけで働きやすさがかなり変化する!?施設運営の難しさと管理者の重要性とは


どうも、やるかい編集部サカシタです。

本日は、施設の運営よりのお話をさせていただきたいと思います。

よくあるパターンだと思いますが、介護施設で働いていると

施設長が変わるだけで職場の雰囲気がガラッと変わることってかなり多いと思います。

これはどういうことかというと大手企業でも小さな企業でも施設長の権限がかなり強く施設長の考え方や経験が左右されやすい組織になっているということです。

これを現場の考え方に置き換えると、

”1年前のA施設長の時はダメだったことが今のB施設長は許可してくれる”といったことにつながり、施設の働きやすさが格段に変化します。

・今の介護士向けの求人サイトの傾向

bb6860466a4cf06e9a19eeace7b03000_s

画像引用【写真AC

介護業界の求人情報に目を向けると実際のそういった施設の現場の状況って今どうなっているのかわからないと思います。

いつまでも3年前の情報のままだったりとかもしますし、、、。

現場は日々変化しますのでそれに応じた求人情報を提供していくことが求められていると思います。

実際のパターンでいうと、

某資格学校が紹介した特養にAさんが施設長が良い人と聞かされ面接に行き実際に入社してみるとサービスリーダーがかなり問題のある方で精神的にやられて退社しもう介護士はやりたくないといったことになってしまうケースは実際あります。

そういったことからどういう管理職の方が求められているのかを理解していけないと介護の質の向上につながっていきません。

・介護業界で求められている管理職像とは?

介護現場で働いている方たちに聞いてみたところ

1つ今の介護業界に大切なことが足りていないと感じました。

特にこれは管理職の方に覚えていていただきたいのですが、

「どんな人にもはっきりと何かあれば注意のできる人」

そういった方を求めているようです!

どんな職業でもそうですが、

介護業界は特に人との関係が密であるために言いたいことが言えない環境になりやすいです。

そのため不満を抱えて辞める方が多いので管理職の方にはこの部分を覚えておいていただきたいと思います。