人気の記事

カテゴリ

【介護業界】あまり知られていない介護施設の本当の役割とは?


介護施設の本当の役割はみなさんご存知でしょうか?

介護業界の方も知らない場合が多いと思いますので定義をご紹介します。

48031e1d56b0518c85236a438654a68e_s

画像引用【写真AC

・介護施設の役割

1、自宅での生活が可能になるためのサポート

知ってる人は知ってることなんですが、

実は施設は要介護者が最後の日々を送る場所ではありません。

退所できるケースとパターンが増えてくると希望者がなかなか入所できない問題解決にもつながっていくと思います。

・地域に根ざした施設

家族や地域住民と交流し情報提供を行い、さまざまなケアの相談に対応できる環境を作ることも役割の一つです。

市町村自治体や各種事業者、保健・医療・福祉機関などと連携し、地域と一体となったケアを積極的に担います。

定義はこれですが施設はかなり閉鎖的になっている傾向のためこういった動きはあまり活発には行われていません。

・在宅の生活支援

一人暮らしのお年寄りが多いご時世ですが、自分の自立した在宅生活が継続できるようサポートするのも施設の役割の一つです。

入所や通所・訪問 リハビリテーションなどのサービスを提供するとともに、

他サービス機関と 連携して総合的に支援しサポートを目指していますが、

現状は地域の一人暮らしのお年寄りのことに目が向けられていません。

 

・まとめ

今回は3つ紹介させていただきましたが、

こういった定義を知ってる方は少ないのではないでしょうか?

こういった役割をすぐに実行するのは無理だと思いますが、

介護士として頭に入れておくのはいいかと思いますので覚えておいてください!