人気の記事

カテゴリ

【介護学習】2017年1月から介護福祉士取得までに実務者研修が義務化されます!皆さんどのような学習方法をされるでしょうか?


どうも、やるかい編集部サカシタです。

本日は2017年から介護福祉士になるために義務化される実務者研修という資格についてどういった学習方法があるのか調べてみましたのでご覧ください!

・実務者研修とは

正式名称は、”介護士実務者研修”と言って無資格であれば450時間の学習初任者研修などの下位資格を持っていると320時間の学習で取得できます。

そのうちの1割はスクーリングでの学習、その他は自宅学習です。

自宅学習でレポート提出が義務化されていますので働きながらの方だと結構会社のサポートとかがないと大変ではあります。

・介護士として働きながらの学習

皆さんかなり苦労されているようで、

現場に本を持ち込んで勉強されている方もいっぱいいます。

b4531233b250804f287b9a062c243f73_s

画像引用【写真AC

1、テキストでの学習

今、主流な方法としては自宅でテキストが届いて問題を解きながら

レポートを提出するやり方です。

難点としては勉強する環境でしっかり取り組まなければならない点かと思います。

仕事しながら家事をしながら空いてる時間を見つけてやるとなるとかなり苦労します。

2、スマホ、ケータイ、パソコンでのeラーニング学習

あまり主流な方法ではないのですが、

スマホやパソコンを使っての自宅学習法にeラーニングがあります。

実は実務者研修の場合自宅学習のほとんどをこのeラーニングシステムで補うことが許されています。

そのためサクッと学習して要点だけをまとめた解説を使い自分なりにまとめるといった方法も隙間時間を使った良い学習方法だと言えるでしょう。

・まとめ

こういった働いている介護士さんの隙間時間を使った学習方法を利用してもっと介護業界の働いている人がキャリアアップできるシステムが増えていくことを願うばかりです。