【福祉関連業種】福祉業界で活躍しているお仕事1〜精神保健福祉士ってどんな人たち?〜


福祉業界で活躍している専門的な業種が増えてきていますが、

それらの仕事内容や資格を理解することも”良い業界”作りに繋がると思いまして、

今回は”精神保健福祉士”という仕事についてご紹介していきます。

介護士の方にとってはあまり馴染みのない名称だと思いますが、

いわゆる”精神科ソーシャルワーカー(PSW)”と呼ばれる仕事で

国家資格です。

1997年の「精神保健福祉士法」施行に伴って誕生した資格で

2005年からは「障害者自立支援法」が制定されて、医療・保健・福祉にまたがる精神保健福祉士の活躍の場がますます広がりつつあります。

・主な仕事内容

4 2

画像引用【職業ガイド

精神保健福祉士は、精神上の障害がある人たちやその家族の人たちの相談を受け、

日常生活訓練をする施設を紹介したり、就職に対するアドバイスを行ったりして、

よりよい生活を送ることができるように援助する仕事です。

具体的な現状の仕事としては、鬱病やアルコール依存などの精神疾患を患ったことによって、

生きづらさを抱えている精神障害者が社会復帰できるように相談や指導を行うことが多いかと思われます。

 

医師や臨床心理士などと連携し業務を行うこともあれば、

行政機関で各種手続きを行ったり給付金制度の案内などをすることもあります。

 

・類似する社会福祉士との違い

同じソーシャルワーカーの国家資格として、社会福祉士がありますが、

社会福祉士が福祉全分野を扱うのに対して、精神保健福祉士は、精神障害者に特化して援助を行うという違いがあります。

社会福祉士と同じく名称独占資格であり、

法的には精神保健福祉士の資格がなければ働くことができないというわけではありません。

しかし、精神保健福祉士の資格を採用の条件としている職場がほとんどです。

 

 

top01

画像引用【精神保健福祉士の求人

・精神保健福祉士になる方法

精神保健福祉士になるには、精神保健福祉士の国家試験に合格する必要があります。

img_psw_02

画像引用【厚生労働省

国家試験の受験資格を得るためには、大きく分けて

 

1.福祉系の4年制大学で所定の課程を修了する

 

2.福祉系の短大で所定の課程を修了し、実務を1~2年経験する

 

3.一般の4年制大学を卒業し、養成施設で1年以上学ぶ

 

 

4.一般の短大を卒業し、実務を1~2年経験したのち、養成施設で1年以上学ぶ

 

の4通りがあります。その後、総合病院や精神病院に就職する道が一般的です。

 

参考HP【精神保健福祉士の仕事