人気の記事

カテゴリ

【介護業界】ケアプランってどんなものかもう一度確認してみましょう


介護士の方なら知っていると思います”ケアプラン”

ですが、日々の介助業務でつい忘れがちになってしまうので

もう一度確認していきましょう。

keapulan

画像引用【居宅介護支援事業所

・ケアプランとは

サービスを利用するにあたって、利用者一人ひとりについて、心身の状況、生活環境、解決すべき課題を分析し、

医師やサービス事業者の意見、利用者や家族のニーズを考慮して目標を設定し、

さまざまな事業者からのサービスを組み合わせて作成される、介護サービスの利用計画です。

通常、居宅介護支援事業者の介護支援専門員(ケアマネジャー)により、1か月単位で作成されます。

careimg2

画像引用【NPO法人ノッポの会

・ケアマネージャーとは

caremanager

画像引用【ヨシダブレイス

正式名称を介護支援専門員といい、原則として社会福祉士、看護師、

理学療法士などの資格で5年間以上の実務経験を積んだ人が試験に合格し、

研修を受講することにより取得できる資格です。ちなみに国家資格ではありません。

介護の知識を幅広く持った専門家で、介護保険において、重要な役割をもっています。

・ケアプランを使った介護業務

ケアプランは利用者の生活や心身の状態の維持と改善の必要性に向けてどのようなことが必要かを明確にし、

計画を立て、実施した結果を評価・見直しするために作成されるものです。

 

そういった特徴を活かし”ケアプラン”をもう一度見直してみてはいかがでしょうか?