【福祉業界】”介護タクシー”とはどういったサービスなのか?


最近”介護タクシー”というサービスをよく耳にすると思います。

車椅子やストレッチャーごと車に乗り込めるタクシーのことです。

そのサービスが介護、福祉業界にどういった形をもたらしていくのかをご紹介いたします。

・介護タクシーサービスの利用

条件などは特に無く、公共交通機関を使わない方が多く利用しています。

どのような目的でもご利用可能な完全予約制のタクシーで、事業所によっては運輸局の事業許可を取得し、各種の介護サービス訓練を受けたプロドライバーであることを条件としていることがあります。

ハイゼットカーゴ スローパー

画像引用【横浜観光介護タクシー

 

・どういったドライバーが来るのかというと

ドライバーは基本的にタクシーと同じで二種免許のみの取得です。

 

ただ、介護保険制度による『通院等乗降介助』や『身体介護』と連続して輸送を行う場合は、

 

介護職員初任者研修の資格は必須であり、通常は介護保険事業者が行っていますので、

 

 

ヘルパーの資格や知識を有している人が乗っていることが多いです。

 

ですが、この介護タクシー誰でも使えるというわけではありません。

介助が必要なご高齢の方や、身体障害の方が介護タクシーを利用しようと思った場合、

まず『自宅で生活をしている』ということが条件になります。

・料金は?

料金は介護タクシーの会社や各自治体などによって形態が様々ですが、

一般的なタクシーを同じように、距離や時間によって料金を決めている という事業所もあります。

介護タクシーを利用するにあたっては、

乗降の際に介護が必要な場合には運賃とは別に介助料金を支払わなければなりません。

ちなみに、

”介護保険が利用可能な方、障害者手帳をもっている方については割引適応している事業所もありますのでよく聞いてみてください!”

車いすに関しては、貸出を無料で行っているという事が多いようですが、

ストレッチャーや酸素設備などを必要とする移動は、それぞれの使用料が別途かかってきます。

さらに利用の時間帯によっても料金が変わってきます。

だいたい23時から翌朝の5時までが夜間料金の適用時間帯になり、2~3割増しになる事業所が多いようです。

 

介護タクシーを利用する前にインターネットや電話などで各タクシー会社に問い合わせる、

 

いざ利用するときに備えてケアマネージャーに聞いてみるなど普段から情報収集をしておくと良いでしょう。

・注意点

前提として『介護タクシーは介護保険制度によってタクシー料金が安くなる制度ではない』

ということです。

通院の前後に行う介助に対して利用者は訪問介護保険料の1割を負担しますが、

運転中は介護保険報酬の対象にならないため、タクシー料金は全て利用者負担になります。

詳しくはこちら

東京ケアタクシー