人気の記事

カテゴリ

【介護施設の裏側】月額料金が高額=高サービスではない!?高級老人ホームのカラクリ


どうもやるかい編集部サカシタです。

本日は、高級老人ホームがどういった部分にお金を使っているのか、使われているのかをお話いたします。

まず高額な月額利用料の施設と一般的な価格の施設とでは何が違うのかという話をさせていただきます。

まず、何と言っても入居金が違います。

1億円近い入居金が必要な施設もあれば、0円のところもあります。

あとは家賃諸経費に関してですが、月50万近い施設もあれば月20万以下の施設もあります。

この差はなんの差なのでしょうか?

 

f2af3835443ac729f2b79094bc7c1356_s

 

画像引用【写真AC

1、家具、家電、インテリアの差

立地等を差し引いてもここの差が一番かと思います。

高級な雰囲気を作るために実際に高いものを設置し、高級感を表しているため維持費が必要になってきます。

2、料理の差

24484bc4780850fc15c19b01f852d11f_s

画像引用【写真AC

こちらも差はかなりあるかと思いますが実際に高級老人ホームだとコース料理も出ますが、毎日出るわけでもないのでそんなに高そうなメニューだけとは限りません。

ですが、毎食手作りなのでそういった部分で手間はかかっています。

・肝心の介護の質の差は?

これが問題なのですが必ずしも高いからサービスがいいってわけでもありません!

 

この部分は自信を持って言えます!

なぜそうなってしまうのかというと、

働いている介護士さんが学んでいる内容であったり、知っている知識や、使える技術に差がないからだと思います。

例えば

高級老人ホーム用の介護士と一般的な老人ホーム用の介護士に差があると介護の本質がブレしまいますので、

そういった”高級介助”のようなものは存在していないのが現状です。

・まとめ

今、介護は量を求められていますが、すぐに質を求める時代になっていくと思います。

そういったときに本当に良い介護をやっている介護士や施設や会社を知れる環境を整備していきたいと思っています!