人気の記事

カテゴリ

【介護業界】介護士という仕事は”ブラック”なのかどうか?


ブラック企業と呼ばれる会社が目立っている昨今。

介護業界でも問題視されてはいますが表面化していない部分もあり、誰も判断基準を持ち得ていないという現状です。

そんな中、介護士という仕事はブラックだと言われ、イメージが悪いように思われがちですが、実際はどうなのでしょうか?

eab2bad3c6e3af4c1a4ba9f66313e791_s

画像引用【写真AC

・介護職が”ブラック”と思われている理由

介護職はなぜ”ブラック”だと思われているのでしょうか?

多くの理由と社会的背景があることはみなさんご存知かと思います。

1、劣悪な労働環境が今も存在している

 

まず一つ目は、”実際に劣悪な労働環境が今も存在しているから”です。

事実として今もなお低賃金で過労働のような環境下で働かされている人がいることは間違いありません。

ただ、年々そういった事業所も減りつつありますしそういった環境で働く人がいないので人材確保の為に条件の底上げを強いられています。

2、”介護”という仕事のイメージが悪い

”介護”という仕事のイメージが”汚い”とか”キツイ”などの悪い部分が先行し人の頭に残り介護=ブラックという方程式が出来上がってしまっています。

介護職の1日の労働の流れを知っている介護業界以外の人は少ないし、知る機会もありません。それによるイメージが悪い仕事になってしまっています。

3、介護職を辞めた人の退職理由がマイナスなものが多い

現場の介護職の方がキャリアアップのために他の事業所に同じ業務をするために移るようなことはほとんどなく、

だいたいが介護職から別の仕事に変えるための退職が多いことが言えます。

介護職からの転職=介護がキツイから辞めた”と

思われるのは仕方ありません。

そういった要因で介護職はブラックとなってしまっています。

・実はもう”ホワイト”介護士の方が多い

イメージと事実はもう既に異なっていることを知っている人は多いかと思いますが、

今、介護業界は世間から注目されていてそういった環境で働かせることが難しくなっています。

給料に関しても安いと働き手がいないので高くなっていますし、福利厚生の充実やキャリアアッププラン、残業代も含め他業界の一般企業なんら差が無い環境になっています。

と、同時に介護業界で働く人自身の”職場選び”についても求められています。つまり自分に合った働きやすい職場を探す(【労働環境選択】介護業界で自分にあった環境で働くためには?)ことです。

【関連書籍】

 

 

 

 

 

ブラック企業 [ 今野晴貴 ]
価格:831円(税込、送料無料)

 

 

【関連、参考HP】

介護のお仕事

【労働環境】介護士の良い労働環境とは?

介護業界がブラック過ぎと言われる3つの裏操作とは?