【介護業界】介護士はどこまで医療行為を行えるのか?


今更聞けないことかもしれませんが、介護士がどこまで医療行為を行っていいのかご存じでしょうか?

2012年4月より、介護士による特定の医療行為が解禁になりましたが、今後は更に行えること増えるかもしれません。

また高齢化が加速する日本では、介護に関わる看護師もこれから増えることが予想されてるのと同時に医療行為を行える介護士の育成も求められています。

3b69326854599a2cd487a9c643debd13_s

画像引用【写真AC

・介護士が行える医療行為とは

有名かと思いますが、

・たんの吸引(口腔内と鼻腔内・気管カニューレ内まで、咽頭内は禁止)

・経管栄養(胃瘻・腸瘻・経鼻経管栄養からの注入)

の2つは研修(2種類)を受けて認定された介護士は行える医療行為になります。

 

さらに、「医師・看護職員と介護職員等との連携体制が確保されている場合に限り」と「本人(ご家族)の同意が必要」「医療者による監督の下」という条件がついています。

・どう行われているのか?

介護施設の場合は現場の看護師の指示の下行なわれているが、実際は何かあるといけないということで大抵は看護師が行っています。

一方で訪問介護の場合は介護士が行なうこともあるようです。

初任者研修等の資格取得の際に授業がある上で実地的な研修を行えるのが理想かと思います。

・今後予測されることとは?

訪問介護の需要が増えていくことにより訪問看護の需要も増えていくことは予測できます。

それに伴い看護師が足りないことにより介護士が行わなければならないことが増えますし、増やさなければ回らない状況になります。

介護士を教育し法律を改正することをするのか、看護師を増やしていくのかは考えていかなければなりません。

【関連書籍】

 

 

 

【関連、参考HP】

安心介護

介護職員等の医療行為

【福祉業界】日本の介護・医療が変わる!?プライマリーケアって?