【介護士必読】介護職員処遇改善加算って反映されていますか?


一時期ニュースで報道されていましたが、実際のところ給料に反映された方どれぐらいいるのでしょうか?

27年度に関しては平均して月額12,000円の給与アップが見込まれていました。ご存知でしたか?

みなさん、年間で約14万4000円の増額があったでしょうか?

7fd4a04c231d6b7a828e69bebedaa7e5_s

画像引用【写真AC】 

・処遇改善加算の分配はどう決めるのか?

結論から言うと各事業所の管理者です。

処遇改善加算の開始を知った多くの介護職員は「これで毎月の給料が増える」と歓喜したことかと思います。

ですが、職場によって、そして職員によっても支給額は異なるといったケースが全国各地で発生しています。

金額の差が各々であるのは当たり前で、中にはもらえる人ともらえない人もいるようです。

なお処遇改善加算には一定の支給基準があり、経営者が故意に基準額を下回るように余らせたり、架空の支払いを行い利益として計上した場合は、厳しい指導対象となるとされています。

・処遇改善加算は人件費以外に使ってはいけません

賃金以外の目的で使用してはいけないのですが支払い形式に関しての指定はありません。

ボーナスに上乗せしてもいいし、月の給料に上乗せもいいし、臨時手当として支払っても良いのです。

ちなみに派遣社員の方も対象になるとされていますが、派遣元と相談の上とのことで時給に手当が上乗せされている場合もありますので担当者に問い合わせることをお勧めします。

・期待はしないこと

前述の通り、配る金額は管理者に任されているため”気に入っているスタッフに多めに支払う”ことも可能です。

そのような制度なので”ないようなもの”と考えるべきかと思います。

【関連書籍】

 

 

【関連、参考HP】

介護求人ランキング 介護職員処遇改善加算が給料に反映されていない理由

介護職員処遇改善加算についての簡単な説明

【介護業界】介護士の給料が良い職場選びと給料が上がらない理由とは?