【福祉業界】最新の高齢者向けインターネットサービス


最新の高齢者向けのインターネットサービスが多くなっています。

今後求められるサービスの幅も増えていく事が予想されていますので市場としても注目されています。

スクリーンショット 2015-10-18 12.14.07

画像引用【フリーフォト

・高齢者を支援する取り組み

特色を活かした幅広いサービス展開を行っていることやインターネットを利用し高齢者の生活を支えることを目指しています。

公共施設に関しては今後サービスを高齢者が使えるところまでしっかりとサポートする事が課題となっています。

通販サイト、宅食サービス、食べログ等のレシピ検索サイト、高齢者の見守りサービス等が以前よりも使いやすい形で提供されています。

・シニアマーケットの期待値

スクリーンショット 2015-10-18 12.22.21

画像引用【ニッスイ

今後高齢者が国民の3人に1人になることが予想されていることや、インターネットの普及率80%を超えている(総務省)ことからいうと高齢者が使いやすいインターネットサービスが必要なのは明確です。

・シニアが使う一番のインターネットサービスは?

50歳以上をシニアと位置づけると人口は急激に拡大しており、2005年には全体の4割に達し、2030年には5割を超えると推測されています。

シニア層におけるネットショッピングの頻度は高く、画像の大きさや入力のしやすさが解決すれば、スマホでの利用で急増する可能性もあります。

 このシニア層に対してモバイルビジネス展開を検討する企業も多いことや緊急速報や医療に関する情報を閲覧するサービスなどといった、生活に関連する機能に対しても意欲が高いので市場規模は年間4兆円と巨大な産業になると試算され、高齢者でも安心して消費できる仕組みを作れるかが重要とされています。

・まとめ

人は歳をとると環境に順応するために時間がかかります。

そのためネット社会に対応できるような準備をこの段階から始めていくことは得策ですし、企業側も高齢者が使いやすいサービスをインターネットを介して提供できるようなビジネスモデルを作っていくことが重要です。

【関連書籍】

 

売れるネットショップ開業・運営 [ 坂本悟史 ]
価格:2592円(税込、送料無料)

 

 

【関連、参考HP】

至れり尽くせり日本の高齢者サービス

【介護福祉施設】介護療養型医療施設とは?