【介護業界】再度確認する”介護保健”の定義


皆さんの中で言葉を聞いたことある人はいると思いますが、

イマイチわからない介護のことをご紹介いたします。

・ 介護保険って?

 ”高齢者の暮らしを社会みんなで支える仕組みで、平成12年にスタートしました。

40歳以上の人は介護保険に加入し保険料を支払います。その保険料や税金を税源とし、介護が必要な人は、費用の一部を負担するだけでさまざまな介護サービスを受けることができます。”

文章引用【介護保険って?】  

スクリーンショット 2015-10-04 1.18.22

画像引用【写真AC

ちなみに介護保険の運営団体は各市町村と特別区(東京23区のこと)です。

40歳以上の方は(所得などに応じて)支払うことが決められており、そして状況に応じたサービスを利用することができます。

40歳から65歳未満の方だと特定疾病によって要介護状態や要支援状態になったと市町村(特別区)の認定を受けた方だと利用できます。

 

65歳以上の方だと寝たきりや認知症などで常に介護を必要とする状態(要介護状態)であると、市町村(特別区)の認定を受けた方。

常時の介護までは必要ないが、家事や身じたくなど、日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)であると、市町村(特別区)の認定を受けた方で使える条件が変化します!

使用すると利用者が1割を負担するだけで様々なサービスが受けられます。

・介護保険の等級

要介護1~5と要支援1~2と分けられます。給付金額もそうですが、受けられるサービスの種類も変わっていきます。

スクリーンショット 2015-10-04 1.40.56

画像引用【住友生命

利用できるサービスについては等級によりますが、自宅で行うサービスと施設でのサービスそして生活環境を整えるサービスの大きく分けると3つあります。

・まとめ

簡単に用語説明をさせていただきました。

詳しくは【みんなの介護】こちらを見てみてください。

【関連書籍】

 

 

おはよう 21 2016年 07月号 [雑誌]
価格:977円(税込、送料無料)

 

 

【関連、参考HP】

【ライター寄稿】わたしが介護士を始めた理由

【介護士向け】今だから見直す介助時の体の使い方