【福祉業界】介護士も知っておきたいバリアフリー住宅に関する知識とは


介護士をやっているとこういうバリアフリー住宅に関する質問や福祉用具に関する質問を受けることがあるかと思います。

こういったとき言えるように少しまとめさせていただきました。

・介護保険で負担

介護が必要となった場合、住まいのバリアフリー化は緊急課題です。そのために要介護者または要支援者がバリアフリー工事を実施する場合に、介護保険によりその費用の9割が支給されます。(上限20万円まで)

『高齢者住宅改修費用助成制度』を利用してバリアフリーリフォームを進めることもできます。詳しくは各市区町村まで。

・受給対象者および助成額

受給に関しては、以下の条件を満たす方が対象になります。

  • 要介護認定で「要支援・要介護」と認定されていること

  • 改修する住宅の住所が被保険者証の住所と同一で、本人が実際に居住していること。

  • 助成額の限度は工事費用最高20万円(支給額18万円)*工事費の9割を保険から支給

・支給対象となるリフォーム工事種類

浴室施工例

画像引用【安心介護

・手すりの取り付け

廊下、便所、浴室、玄関等の転倒予防、若しくは移動又は移乗動作に資することを目的として設置するもの。手すりの形状は二段式、縦付け、横付け等適切なものとする。
※適用除外:福祉用具貸与に該当する手すりの設置

・段差の解消

居室、廊下、便所、浴室、玄関等の各室間の床の段差を解消するための住宅改修をいい、具体的には敷居を低くする工事、スロープを取り付ける工事、浴室の床のかさ上げ等とする。
※適用除外:昇降機、リフト、段差解消機等動力により床段差を解消する機器を設置する工事/福祉用具貸与に該当するスロープの設置/福祉用具購入に該当する浴室用すのこの設置

・滑りの防止及び移動の円滑化のための床材の変更

居室においては畳敷から板製床材、ビニル系床材等への変更。浴室においては床材の滑りにくいものへの変更

・引き戸等への扉の取り替え

開き戸を引き戸、折り戸、アコーディオンカーテン等に取り替えるといった扉全体の取り替えのほか、ドアノブの変更、戸車の設置等も含む。
※適用除外:引き戸等への扉の取り替えに合わせて自動ドアとした場合の、自動ドアの動力部分の設置

・洋式便器等への便器の取替え

和式便器を洋式便器に取替える(暖房便座・洗浄機能等が付加されている洋式便器への取替えは可)
※適用除外:洋式便器から洋式便器への取替え/非水洗和式便器から水洗洋式便器または簡易水洗便器に取替える場合の当該工事のうち水洗化また簡易水洗化の部分

・その他、下記の(1)〜(5)の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

  1. 手すりの取り付けのための壁の下地補強
  2. 浴室の段差解消(浴室の床のかさ上げ)に伴う給排水設備工事
  3. 床材の変更のための下地の補強や根太の補強
  4. 扉の取替えに伴う壁又は柱の改修工事
  5. 便器の取替えに伴う給排水設備工事(水洗化又は簡易水洗化に係るものを除く)便器の取替えに伴う床材の変更等

・補助金、助成金

 

介護や支援が必要と認められている人は、介護保険から住宅改修(リフォーム)の費用が支給されます。
ただし、床の段差の解消や手すりの取り付け、便座を洋式にするなどのバリアフリー化改修工事に限定されています。

なお、支給額には上限があり、改修にかかった費用の1割は自己負担となります。

自治体によって対象となる改修工事の内容が異なったり、独自の助成金制度を実施している場合もあります。

詳細はお住まいの市区町村役所へお問い合せください。

【関連書籍】

 

バリアフリー温泉で家族旅行 [ 山崎まゆみ ]
価格:1620円(税込、送料無料)

 

【関連、参考HP】

Allabout

ホームプロ

国税庁